読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業少し前の思い出

今週のお題「卒業」

 

卒業の思い出ってそんなにない。

覚えてないわけではないけど特にこれがって

ものは。。。

 

思い出したのは

高校3年生のときの世界史の先生の話。

 

女性の4,50代の先生が最後の授業の時に

話してくれた話です。

その先生、浪人が決まってお先真っ暗って思っていたときに

お風呂で転んで額のあたりに傷ができたって言って

おでこ見せてくれました(傷は遠目に分かるような

傷じゃなかったけど)

 

踏んだり蹴ったりだったけど、

そんな目にあっても人生なんとでもなるよ的な

話だったと思います。

 

私はその時まだ大学合格決まってなくて、

若干あきらめぎみだった頃でまあまあ平静に

過ごしてたと思うんだけど、

その先生の話をきいて、

だべ。なんとかなるべ~。という思いを新たにしてました。

 

なんか、はっぱかけるでもなく、でも励ましてくれてる感じが

すごい好きだったなあ。

 

今思い返してもゆるいかんじでいい高校だったなあ。

その先生だけでなく、結構いい感じ(?変わった?)先生いたし。

今はどうなんだろ。たぶんそんなに変わってないんじゃないかな。

と期待を込めて言ってみる。

修学旅行は今でも奈良4泊5日なのだろうか・・・?

 

ビバ高校三年生。進路決まった人も決まってない人も頑張っていきまっしょい。